狂想に侵されて

序盤 /筆者side






「誰よ、あの男。」




一人の女は黒い車の行方をじっとその瞳で追っていた。




ギリッと女の拳は強く握られる。




「緋梨、隠し事はダメじゃない。」






女はゆっくりと口元を歪ませた。


  • しおりをはさむ
  • 63
  • 5468
/ 186ページ
このページを編集する