狂想に侵されて

序盤 /筆者side





「いやあ、驚いたな。雅理。」





ビルの陰に隠れるようにして佇む人影。





「まさか、本当に上手くいくだなんて思っていませんでしたよ。」




男二人が腕を組みながら、我が子達を眺めている。





「でも、こうでもしないと二人はくっつかなかったですものね。」





後ろからさらに二人の美女。

  • しおりをはさむ
  • 63
  • 5468
/ 186ページ
このページを編集する