愛情。

章タイトル未設定




「愛してる。」



いくらこの言葉を言っても。心の中で呟いても。



貴方の耳には届かない。



貴方には会えない。




『愛してる。』




そんな感情が芽生えた時には、もう遅くて。



やっと、貴方を"愛せる"




そう思った。





だけど、本当のところは最後の最後まで、その感情はただの望み、HOPEだったのかもしれない。




0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 5343
/ 2ページ
このページを編集する