Freedom -first- 【完】

First /酒の力は偉大なり


土曜日は割烹屋が終ると急いで美容院に向かう。


いつものパターン。


今日はどんな髪型にしよう?


もう別に何でもいいや。


なんか、ヤル気が出無い。



「これ、良かったら使ってみます?」


「え?」


美容師さんが手にしていた小さなティアラ。


「結婚式のヘアメイク用なんですけど、うちでレンタルしてるんです。次回、来たとき返却して下さればいいですから」


――…可愛い。


キラキラしてて、お姫様みたい。


箱ごと受け取って、お店でつけることにした。


ロッカールーム、メイク道具を広げる。

ティアラのイメージに合わせて、アイシャドウに上からキラキラのラメをのせてみた。


めっちゃ可愛い!

(自画自賛)


そういえば、夏樹さんに買ってもらったドレスに――、


1枚真っ白なのがあった。


オーガンジーが揺れる裾に、小さなパールがいくつも付いている。


それに銀色のクツを合わせると、


気分はまるで、ガラスのクツを履いたシンデレラ。

(基本、私は乙女)




0
  • しおりをはさむ
  • 987
  • 1273
/ 371ページ
このページを編集する