Freedom -first- 【完】

First /酒の力はやっぱ絶大



車が走り出す。


「……気分は?」


夏樹さんが、一瞬私に目を向けたがすぐに真っ直ぐ視線を戻した。


「超楽しいで~す♪すっごく幸せな気分で~す♪」


1週間ぶりに夏樹さんが逢いに来てくれた。

そう、私は嬉しい。

幸せだ。


ふわふわ~。



「お前、本当っ幸せなヤツだよなぁっ!?」

「はい、幸せで~す♪」


「酔っ払うとそうなるって、もっと早くに知っとくべきだった」


「酔ってませんって、もぉー……」


自分では、本当に全く酔ってるつもりはなかった。


「あぁ、そうかよっ」

「はいー」

「じゃぁ、ちょっとドライヴするか?」

「はいー♪」


わーい。


夏樹さんとドライヴだ♪


「はい、はい、って……、俺がこのままお前ホテルに連れ込んだら、どうすんだ?」


「それは、ムリー!アハハ♪」


「……アハハじゃねぇよっ!!!」


車は高速に乗る。


「タバコ吸っていいか?」

「……はい?」


夏樹さんは車の窓を少し開けてくれた。


頬に当たる夜風が気持ちいい。



0
  • しおりをはさむ
  • 991
  • 1283
/ 371ページ
このページを編集する