Freedom -first- 【完】

First /おばちゃんの実態



「あのぉ、おはようございます」


ビルの2階にある割烹料理屋。のれんのかかる入り口を潜ると、

「あらあら、いらっしゃい」

「ママから聞いてるわよ、亜美ちゃんでしょぉ?」

中から50代~60代くらいの、おばちゃん達が3人出て来た。

ママは私の源氏名を伝えたらしい。

割烹料理屋なんだから、本名でも良かったのに。

「はい、今日からお世話になります」

お世話になります――。

この言葉を前言撤回したくなったのは、その数十分後だった。

「着物自分で着れる?」

1人のおばちゃんが、私をジィーッと見つめる。

着物……?

そういわれてみれば、おばちゃん達は3人とも着物を着ている。

「できません……。あの、制服は着物なんですか?」

「そうよぉ。亜美ちゃん良く似合うんじゃない?手伝ってあげるわ」

店の奥に連れて行かれ、着て来た洋服を脱げと言われた。それはいくらおばちゃんでも、ちょっと恥ずかしいんだけど。

仕方ないのでワンピースを脱いだ。

――瞬間、

「あらぁ~、いいおっぱいねぇ?」

え、えぇっ!?

お、おばちゃん!?

「ピチピチしてる、羨ましい」

そ、そりゃ、おばちゃんに比べれば?

私まだ19歳だし!?

てか、そんなマジマジ見ないで欲しい。

着付けられながら、同時に着方を習う。

「あの、これって衣装代お給料から引かれるんですか?」

思わず聞いてしまった。

「えぇ?これ制服だから」

制服。

クラブのドレスとは違うらしい。

「あ、そうですか!」

おばちゃんは不思議そうな顔をしていた。

そりゃそうか?

普通のバイトは制服支給なんだよな?


既に水商売に毒されている私だった。


どこに消えた、平凡感覚!


戻って来い!


0
  • しおりをはさむ
  • 987
  • 1273
/ 371ページ
このページを編集する