Freedom -second- 【完】

Freedom -second- /女豹と女狼に拉致られた!?



いつも通り麗奈さんの席でヘルプ(酒飲み要員)に専念する。

美綺さんはまだ出勤していない。って、ことは同伴なんだろう。


そして、9時前になり――。


黒服に案内される男の人の姿がチラッと見えた。


あ。

あのお客さん!

麗奈さんが言ってた、美綺さんの彼氏だ。


30代半ばのお世辞にも格好いいとは言えない、冴えない風貌の男性。


彼氏か――…、


麗奈さんは気付いているのか、いないのか、

視界には入っているようだったが興味なさそうに、ただ自分の席のボトルを開ける……。

いや。私とお客さんに”空けさせる”ことだけに集中していた。


やっぱ、プロ。


今日は麗奈さんの鬼営業電話のおかげで、私も切られることなく最後まで残れそうだった。


最後のお客さんをお見送りして、麗奈さんと一緒にロッカールームへと向かう途中――…、


「亜美ちゃん。育ったねぇ~♪」


機嫌がいい麗奈さん。


新規ボトルとシャンパンも入ったからな?

(私の酒豪のおかげで!?)







0
  • しおりをはさむ
  • 709
  • 1283
/ 325ページ
このページを編集する