Freedom -second- 【完】

Freedom -second- /お金>夏休み=貧乏の図



チーン。


お仏壇の前に座る。


”おはよう”

”行って来ます”


これだけは、毎朝家を出る前に欠かさない。


高校入学と同時に、一緒に住み始めたおばぁちゃんが亡くなって、


もう4ヶ月が経つ――…。


早いもんだ……。


ここ数ヶ月があまりにも慌ただしくて、あっという間に過ぎた。


のんびりおばぁちゃんと過ごしていた日々とは、

一転。

実家に戻って来いと言ったお母さんに対し、一軒家を自分で維持してみせると豪語した結果、


世紀の大親子喧嘩勃発。


戦国武将ばりの母がとった奇襲は――、


容赦ない兵糧攻め。


学費を除く全ての援助は打ち切られた。


教材費、交通費、生活費、一軒家維持費を稼ぐべく、大学に通いながらも勢いで始めた、


――水商売。


アンデルセンという古ぼけた名前の、クラブヘルプホステス。


飲み要員。


と、同時に週末の掛け持ちバイト割烹屋。



まさに自分勝手な苦学生!?



正直ダサい。





0
  • しおりをはさむ
  • 709
  • 1284
/ 325ページ
このページを編集する