Freedom -second- 【完】

Freedom -second- /似たもの同士




駅裏の駐車場に着いてすぐ、夏樹さんが透さんに電話を掛けていた。



「よー、俺」


……ぶっきらぼうだなぁ。


「昨日の礼すっから。仕事前にメシ食わねぇか?亜美も一緒だし、お前も紫連れて来いよ」


ゆかり――?


ゆかりさんってのが、透さんの彼女なんだ?


「○○って分かるか?あぁ、そうそう。じゃ7時な」


言葉短く電話を切った夏樹さん。


会話から推測するに、透さんは一言二言返事をしただけっぽい。


「透さん、都合悪く無かったんですか?」


いきなりの誘いで、予定には無かった筈。

「さぁ?来るつってたけど?」

さぁ?って!

お礼するつもりなら、そこはちゃんと丁寧に相手の予定を先に聞こうよっ!?

透さん、夏樹さんにかなり気を使ってるぽかったし?

誘われたら断れなかったとか?

……乙女妄想夢見がちな私のせいじゃ!?


なんだか、申し訳なく思う。


俺様が我が儘、自己中だから、悪いのは鬼ヤクザだけど……。



にしてもさ?


夏樹さんと透さんは、こんな気軽に電話しあえる仲だったってことだ。


その透さんが経営するホストクラブって、分かってんなら?


あんな、ブチキレることなくない???



言ったらまた鬼が全面出ると予想し、出かけた言葉は飲み込んだ。

(成長っ)






0
  • しおりをはさむ
  • 708
  • 1275
/ 325ページ
このページを編集する