Freedom -second- 【完】

Freedom -second- /結局泊まるハメに!?



自由になった夏樹さんの両手――…、



いや、元から自由だったんだけど!?


私は更にずるずるとベットの上を引き摺られ、夏樹さんに引き寄せられてしまった。



く、喰われるっ!?



「お前さぁ……」



夏樹さんの目がマジで――…。


「――――!」


犯されるっ!?




「他の男に何言われても、絶対ホテルとか付いてくなよ?」




へ!?


な、何???


他の男って!?


だ、誰が付いて行くかっ!!!



「そんなわけないじゃないですかっ!!!」


「話だけとか?縛ってもいいからとか?……寝るだけって言われてもだっ!!!」


そんなわけあった。


「だって、それ夏樹さんだし!!!」


「だからそれ以外の男全員、絶対言うこと聞くなよっ!?」


ナイナイナイ、絶対ナイ!


「聞きませんっ、約束します。今、学んでます!!!」


そう、私はものすっごい学んでる。


これ以上ないくらいに!!!






0
  • しおりをはさむ
  • 708
  • 1275
/ 325ページ
このページを編集する