Freedom -fourth- 【完】

Freedom -fourth- /プロローグ


――人は生まれるときも、死ぬときも独り。


本来、きっと孤独な生き物なんだ。


だから短い人の一生。己が生きてる間だけでも、


人の存在を感じたいと思い、

人が傍にいることを確認しようとし、

人を求め続けるのかもしれない。



家族、


友達、


恋人――…。



友情、愛情、同情、様々な情を与え、また与えられる。


喜び、怒り、哀しみ、楽しみ、そんな一瞬を分かち合いながら、共存している。


裏切り傷つけ合ったとしても、何処かでまたきっと救いの手が差し伸べられる。


――…それが人、


人間同士。




あれ?



そういや……。



家族(お母さん)は戦国武将。


うん。まぁ、かろうじて人間。


友達はイソギンチャク。



ただの生物?



恋人は鬼。



人外……だった!?




ガクッ。



それでも存在を感じたい、確認したい、求めてる。


ずっと私の傍に在ることを。




0
  • しおりをはさむ
  • 1225
  • 1272
/ 397ページ
このページを編集する