Freedom -fourth- 【完】

Freedom -fourth- /夏だ!海だ!太陽だ……けど!?



輝く真夏の太陽、青い空と海、白い雲、爽やかな潮風が頬を掠め――…、

恋人たちは寄り添うように熱く甘い時を過ごす。


熱く……。


甘い……。


お泊り旅行。



ブホッ。



――そう。

やっとアンデルセンがお盆休みに入り、夏樹さんは約束通り1泊2日の海旅行に、私を連れてきてくれた。

都心から3時間弱で着く近場だったけど、

1泊2日なので移動時間が勿体無いと思うのは私も同じ。


今朝、夏樹さんは私の家のまで車で迎えに来て――、

(ちなみに健太は仕事がまだあるらしく、家に居なかった)

それが、いつものガラ悪白ベンツではなく、

スポーティーな四駆だったことにびっくり。

家にある車の1台だという。


流石、(悪いことの)ぼっちゃん金持ち……。


ただ(悪いとこの)ぼっちゃんの無免がイタイに変わりは無い。


が。


敢えてソコは忘れようと思う。


熱く甘い時間を過ごすのだ。


ブッ、


ホッ。





0
  • しおりをはさむ
  • 1225
  • 1272
/ 397ページ
このページを編集する