Freedom -fourth- 【完】

Freedom -fourth- /まだまだ事件続行中!?


―――――――――――

――――――――
――――……



「明日、こっから直で店行くか?」


「え?」


アンデルセンを出て、結局今私と夏樹さんが居る場所は――…、


ラ・ブホッ。


行き道、私から誘ったわけではなく、アフターでホテルお泊りと言ったのは夏樹さんだと言い張ると……、


軽く流された。


で、着いて速攻お風呂に連れてかれ、私の髪と身体も洗われ、


流された。


ラブホでブホ。


まぁ私もなんだかんだと、夏樹さんの髪を洗ってあげたりしてるんだけど……。


「1回家帰るよりちょっとでも長く寝てぇんじゃねぇのかよ、お前は」


「そ、それは……、はい」


「だよなぁ……」


「あ、髪流すから目瞑って下さい」


夏樹さんの座る後ろから膝立ちで、シャワーを掛ける。


水飛沫が肩で弾け、背中へと流れ落ちすべすべの肌を濡らす。


う。


エッチだ。


で、大人しく私に髪を洗われている夏樹さんを見てると、

ちょっと可愛いとさえ思ってしまう。


コレ夏樹さんなりに甘えてんだろうか。


う。


鬼が可愛く見えるとか、色ボケ恐るべし。






0
  • しおりをはさむ
  • 1225
  • 1283
/ 397ページ
このページを編集する