Freedom -fourth- 【完】

Freedom -fourth- /強い女はいい女!?



何だか訳が分からなくなって、今日あったこと全てが頭の中で整理出来なかった。


キヨ子さん、おばちゃんの話、鬼パパ・ママ――…、


あぁぁあああああああっ!!!


こんがらがる。


……寝よう。


寝ちまおう。


寝たら忘れる。



翔をベッドの中に入れて、ムギュッと抱きしめて眠った。


私の誇れる能力。

すぐ眠れるという特技。

冷房の効いた部屋、温かく柔らかな毛の翔……。


1分で爆睡できた。


それから幾時間程経っただろうか……、突然、真夜中に遠くで機械的な音が鳴り響く――…、

でもそれが夢なのか現実なのか、良く分らない。


ん……。



煩い……。



薄ら目を開けると、足しか届かないテーブルの上で光る携帯電話。


無視した。



また深い眠りに落ちかけたとき、2度目の機械音が鳴り始めた。



あぁ……、面倒くさい。



誰か電話に出てよ……。



健太……、



ちょっと健太電話……。



仕事だっけ……?




私の安眠を妨げる騒音に、だんだんイライラして――…、


我ながら器用だと思うが、足の指先でテーブルの上から携帯を床に落とし、

手繰り……、足繰り寄せた。

(もう乙女を語る資格無し)






0
  • しおりをはさむ
  • 1225
  • 1283
/ 397ページ
このページを編集する