Freedom -final-

Freedom-final- /青空とメール

 

 

 

「亜美さんっ――…」

 

 

 

ハッと気付くと、私はマサちゃんに手を引っ張られ……、

 

 

次に目に飛び込んだ光景は、何故かファミレスだった。

 

 

夏樹が……、

 

 

何か怒鳴ってる……。

 

 

…――――――――――

 

―――――――

 

――――……

 

 

遠くの方で何かの音と話し声が聞こえているけど、よく分からない。

 

 

耳の奥がキーンと唸っている。

 

 

「亜美さん、寝てんすか?」

 

 

ん……?

 

 

誰?

 

 

私の名前呼んだ?

 

 

「う……、ん」

 

 

「……寝てっか」

 

 

私、寝てるんだ……?

 

 

ここ何処だろ?

 

 

真新しいベッドにシーツの上じゃないよね。

 

 

何だか凄く寝心地が悪い。

 

 

「ん……」

 

 

私の記憶はまた深い夢の中へと吸い込まれてゆく――…。

 

 

何だっけ私?

 

 

何してた私?

 

 

どうしたんだろ……。

 

 

 

 

 

 

0
  • しおりをはさむ
  • 1619
  • 1272
/ 806ページ
このページを編集する