Delete My Memories~すれ違い、別れ~

序章~プロローグ~

昭和48年(1973年)、社会人になったばかりの青年が、ある一人の女性に一目惚れした。
色白で華奢な美しい女性だった。

その女性はその青年の上司の一人娘だった。
そして、偶然にもその青年とその女性は誕生日が同じであった。

青年の真っ直ぐな気持ちは女性の心を動かし、出会ってから半世紀近く今も毎年2人は誕生日を一緒に、
「今回もお互い元気に歳を取りましたね。」
と祝っている。

この2人はこれから先も、このように、時には楽しく、時にはケンカもし、色々な思い出を積み重ねていくだろう。

「真っ直ぐな気持ちを相手に伝える」ことは、たとえダメもとでもしなければ幸せを掴むことはできない。



私には若い頃の父のような勇気がなかった…

0
  • しおりをはさむ
  • 16
  • 1
/ 148ページ
このページを編集する