仮面の下の素顔 【完】

three /好意










「昨日帰ってから未来の旦那様たちの写真みたんだけどねぇ、どれもハイスペックだったの。」


やっぱり、お母様やお父様はゆうゆがイケメンにしか興味ないことを知ってくれているんだわ〜。


とうっとりとした顔で私の机を陣取っている彼女は情けないほどに口元を緩めていた。


てか邪魔なんですけど!

宿題の邪魔なんですけど!


「………」


とは言わずに白けた目で彼女に訴えた。


が、しかし私の視線に気づかないで、はぁ、と甘い甘い嬉々のある溜息をこぼしている。


そんな溜息私も吐きたいわ!おいっ!



「5人の旦那様候補から、徹夜で選んでやっと3人まで絞れたんだけど1人に絞るのは難しいのよね」


「………」

どう思う?と訊いてくるが、私はゆうゆの旦那様候補のお顔を知らないからなんとも言えない。



しかし、5人も候補がいるっていいなあっ!逆ハーだなぁ!?と願望と白けた目を向けてから


「………会ってみれば?」

と無難そうな台詞を述べた。

0
  • しおりをはさむ
  • 262
  • 2820
/ 406ページ
このページを編集する