それはある意味恋だった。【完】

べにはづき
恋愛 52ページ(完結) 10723字 更新日 2018/10/17 読者 2554人 公開 0 0





学校一の美少女は

学校一のビッチ、らしい。


「好きです。付き合ってくださいっ!」

「いいよ」



彼女と付き合える確率は年にが降る確率で、

彼女と1ヶ月もしないで別れる確率は年にが降らない確率で高い。




dafefehda07824e0%2Fb18ca31e51ed-M.jpg




「こんなにも貴方のこときで好きで堪らないのに
貴方は気づいてくれない。」





それは決して叶わない報われない恋。



俺だけが知っている貴方のった情。


「本当はアンタなんかしちゃいたいほど憎いんだよ」


…そんなの俺だけで十分でしょう?



18.9.24〜18.10.6



  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 24
  • 2812
このページを編集する