テイマースキルで異世界探検記

第一章 入学一年目 /第02話 入学式(後編)

 校長先生の挨拶の後は、在校生代表挨拶である。壇上に一人の生徒が登場する。
 「皆さん、はじめましてこの神騎学園の生徒会長の川上秀一です。校長先生からありましたがこの学園は冒険者やウォーカーを目指す人たちが通う学園です、ですからこの学園の生徒会も一般の学校のような学校行事や風紀を取り締まるだけでなくいわば冒険者ギルドのように生徒からの依頼で冒険者ギルドのように生徒会がその解決に当たります。」
 さすがは冒険者学校の生徒会である。さらに続けて
「実際、この学園の生徒会に所属していた生徒の中のから冒険者ギルドのギルドマスターやギルド幹部、またはウォーカーになっている人が多くいます。生徒になるみなさん、何かあれば生徒会に相談してください。それでは立派な冒険者になれるようともに頑張りましょう。」
 在校生代表の後は、新入生代表挨拶である。この学園の在校生代表はどうやら入試の成績優秀者などではなく、ランダムに選ばれるようである。
 「続きまして新入生代表挨拶、一年三組真島紀之、新城美幸。」
 呼ばれた男子生徒と女子生徒が、壇上のさっきまで生徒会長がいた場所までやってくる。
 「宣誓、僕たち、私たちは立派な冒険者になるために学園生として、勉強に、訓練に、誠実に向き合うことを誓います。新入生代表一年三組真島紀之、新城美幸。」
 代表挨拶を終えた、男子生徒と女子生徒が壇上から退場すると、入学式の司会が入学式の終了をつげる。
 「これにて、神騎学園の入学式を終了します。新入生のみなさんは各担任の先生か先導しますので、担任の先生の後について教室に向かってください。以上です。」
 そう言うと各クラスの先頭の生徒の前に担任の先生が立つ、一年二組の前には女性の先生がたった、神騎学園のような冒険者学校は
元や現役の冒険者である。なぜなら元冒険者や現役の冒険者の経験のある人と無い人の言うことは、重みや実感か違うことと元冒険者や現役の冒険者の経験のある人にしかわからないことが多い為である。その為、冒険者ギルドの依頼の中には、冒険者学校の先生や冒険者学校での講演もたまに出されている。ウォーカーを目指す人達には、異世界からの帰還者や現役ウォーカーの講演を受けることもある。僕たちの前にいる先生も現役の冒険者なのか、まだ若く美人である。そして、その美人教師の先導で教室に向かう。教室に入ると教室の前方の黒板に書かれた席順にしたがって席につくと次は自己紹介である。
 担任の先生が生徒全員が席につくのを見届けると、
 「全員席につきましたね。」
 そう言うと、黒板に向かい、黒板に書かれた席順をけすと、高杉美里と大きな文字で書き込む。
 「みなさん、私はみなさんの担任の高杉美里と言います一年間あなた達に冒険者となるための心得と冒険者になるための技術を教えます。」そう言うとさらに、言葉を続ける。

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 0
/ 6ページ
このページを編集する