地味子ちゃんと恋がしたい―そんなに可愛いなんて気付かなかった!

12.凛との突然の別れ!

もう2月も末になっていた。夕刻から雨が降って肌寒くて滅入るような夜が来る。こんな夜は人肌が恋しくなる。凜と一緒に過ごしたいと思った。海外出張が入ったりして、前の日から随分日数が空いてしまった。

電話で都合は聞いた。時間をつぶすのに疲れて店へ向かう。もう11時を過ぎている。看板の明かりが点いていた。ドアを開けるともう客はいなかった。

「丁度いいころにいらっしゃったのね。今、閉めるところだったの」

いつものように、すぐに表の看板の明かりを落として、ドアにカギをかける。

「水割りを一杯作ってくれる?」

「ゆっくりしていって下さい。お話ししたいことがあります」

「ああ、話って何?」

「後でお話します」

水割りを空けると、促されて部屋に行って、いつものようにシャワーを浴びる。凛がすぐに入ってきて身体を洗ってくれる。僕も身体を洗ってあげる。

二人は待てなくなって急いで浴室を出てベッドへ向かう。久しぶりに愛し合う。今日の凛はいつもよりも積極的だった。

抱きついたまま離れようとしない凛を強く抱き締める。

「今日、来てくれてよかった。最後のお別れができて」

「最後のお別れって?」

「私、今月いっぱいで店を閉めることにしたの。結婚することになったから」

「結婚! ええ、誰と?」

「あなたにはいつか言ったことがあると思うけど、もう一人あなたのように3軒目まで通ってくれた人がいたの」

「実はあなたとほとんど同じころに偶然にお店に来て」

「ほとんど同じころ? 偶然に? 不思議だけど何かのご縁だね」

「泊っていくと聞いたら、すぐに交際を申し込まれたの。足を洗ったのなら、普通に付き合ってほしいと言って」

「それで」

「普通のお付き合いなんてずっとしたことがなくて、いいかなと思って、休みの日に会うことにしたの」

「プロポーズされたのはいつごろ?」

「先月のはじめ。最初はお断りしたの、ああいう商売をしてきたからできませんと。でも、それは承知の上だからと言われました」

「君をすごく気に入っていたんだね」

「あなたと同じように私といると癒されると言ってくれていました」

「やっぱり、そうか」

「彼は45歳、10年前に奥さんを亡くされて、娘さんがいたので、一人で育てて、今年大学を卒業して社会人になって一人立ちしたとか。2週間前に会わせてもらいました」

「どうだった」

「彼は私のことを水商売していたことがあってその時に知り合ったと話していたみたい。確かに水商売だけど」

「それで」

「娘さんから、父は私を育てるために一人で頑張ってくれたので幸せになってもらいたいと思っていますので、これからよろしくお願いしますと言われました」

「父親思いの理解のある娘さんだね」

「私も母親が早く亡くなって父親に育てられたから、娘さんの気持ちは分からないでもないわ。私の父は再婚もしないで、私をそれは可愛がってくれた。だから父の借金を返すために風俗で働くことにしたの」

「はじめて聞いた。何で働いているのなんて、あえて聞かないからね」

「借金は1年で返せた。でも止められなかった」

0
  • しおりをはさむ
  • 2
  • 1
/ 47ページ
このページを編集する