地味子ちゃんと恋がしたい―そんなに可愛いなんて気付かなかった!

14.ようやく回復して退院した!

日曜日になると、下痢が治まってきて、出血も全くなくなった。さすがに点滴が3日目になると、その扱いにも慣れてきた。歯磨き、髭剃り、洗面もなんとかできるようになり、シャワーも浴びた。もう一息だ。

午後に地味子ちゃんが見舞いに来てくれた。

「先輩、昨日より調子がいいみたいで、随分元気になりましたね」

「そう見える? 出血が止まったし、下痢も間隔が長くなっているので、もうすぐ止まるだろう。お腹の不快感もなくなってきた」

「よかったです。早く元気になって下さい。電話がなかったですけど、必要なものはないのですか?」

「昨日持ってきてくれたもので間に合っているから」

「洗濯物があれば洗って来ますけど」

「いいよ、そこまで頼めないよ。もう少し良くなったら自分でするから」

「お気遣いなく、父の下着を洗っていましたので平気ですから。フロアーに洗濯機と乾燥機がありましたから、ちょっと行ってきます」

「悪いね、カバンの中に財布があるから、そのまま持って行って使ってくれればいい」

「いいんですか。じゃあ、お預かりします」

地味子ちゃんは着替えた下着を持って洗濯に行ってくれた。随分借りができてしまった。

「百円玉3枚くらいで十分そうです。財布お返しします。洗濯に30分、乾燥に1時間くらいかかりますので、出来上がったら帰ります」

「ありがとう。ところで、故郷のお父さんはご健在なの?」

「父は私が大学3年生の時に亡くなりました。がんが見つかって、手遅れで、見つかって3か月後でした」

「それで、お母さんは?」

「母は私の小学6年生の時に交通事故で亡くなりました。それから父は男手一つで私を育ててくれました」

「お父さんが亡くなってからはどうしたの?」

「父の生命保険と私のアルバイトでなんとか大学を卒業しました。それからは磯村さんが知ってのとおりです」

「大変だったね」

「でも、今は自立してなんとか生活していけますから、すべて父のお陰です」

「米山さんが天涯孤独なんて知らなかった。これからは、僕が力になるよ、今まで以上にね」

「ありがとうございます。今までも十分力になってもらいました。感謝しています」

「住まいは梶ヶ谷だったね」

「梶ヶ谷の駅から徒歩5分のプレハブのアパートです。家賃が安いので生活していけます」

「先輩のマンションは素敵ですね」

「米山さんより給料が多いから。でも独身寮から移ったのは3年前、一人暮らしをしてみたかったからだ」

「彼女ができたら連れてくるためじゃないですか?」

「そういう下心があったかもしれないけど、全く実績なし」

「行ったら分かります。全く女っけなしですね。独身の男の人の部屋って興味があったのですが、期待外れ。殺風景この上なしですね」

「期待に沿えなくて悪かったね」

「米山さんの部屋は女の子らしいんだろう」

「ご想像していただければ分かると思いますが、家具も少なくて地味なものです。先輩の部屋と大して変わらないと思います」

「食事はどうしているの」

「自炊しています。昼食もお弁当を作ってきています」

「料理は得意なの?」

「母が亡くなってからは、父がしばらく食事を作ってくれていましたが、中学生になってからは、私がほとんど作っていました」

  • しおりをはさむ
  • 2
  • 2
/ 47ページ
このページを編集する