地味子ちゃんと恋がしたい―そんなに可愛いなんて気付かなかった!

17.地味子ちゃんと初デート!

大井町の改札口には少し早く着いた。今日は幸い天気が良い。昨日は一日中、部屋の掃除と洗濯をした。

こう見えても僕は意外ときれい好き。何せ1週間ほど入院していたのだからしておかなければならないことが多かった。冷蔵庫に食料品を補充したり、飲み物を補充したり、特にポカリを病気になった時のために多めに仕入れておいた。

部屋のレイアウトを少し変えた。万が一、彼女を招き入れることがあってもいいように、ベッドのシーツやバスタオルを買いたしておいた。あれもその時のために買い増しておいた。それと少し食器類を補充しておいた。

元々、外食が好きな方ではないが、ウイークデイは駅前の食堂や会社の近くのレストランで夕食を食べるか、駅のコンビニでお弁当を買って帰っている。休日は近くのスーパーで好みの総菜を買ってきてご飯を炊いて食べることが多い。

そのために、大きめの冷蔵庫のストッカーには冷凍食品や買ってきた総菜が多数冷凍保存されている。いつも2週間分くらいの食料は備蓄されているので、災害があっても停電にならなければ大丈夫だ。食べたいものを食べたいときに食べる。一人暮らしは気ままなものだ。

今着いた電車から可愛く着飾った女の子が降りてくるのが見えた。小柄だが人目につく。こちらに近づいてきてようやくそれが米山さんだと分かった。メガネをかけていなかった。

「すごく可愛いね。この前の飲み会の時よりもずいぶん可愛くなっている」

「ありがとうございます」

「野坂さんに教わったとおりにしています。昨日はヘアサロンにいってきました。ヘアサロンにはしょっちゅう行かなければだめと言われましたから」

なんともいいようがないくらいに可愛い。こんなに可愛かったのか! 地味子ちゃんでも磨けばこんなに光るんだ。でも元々の素材が良かったのかもしれない。

「行こうか? バス停から水族館行きのバスが出ているから」

自然と手を繋いでバス停へ歩いて行く。隣の地味子ちゃんが見ていられないほどまぶしい。すれ違う人が彼女を見ている。確かにとても可愛い。

僕のようなオッサンが年の離れたこんな可愛い娘と歩いていていいんだろうかと戸惑う。見た目が違うとこんなにも心がときめくものだろうか?

米山さんは嬉しそうに手を繋いで歩いている。ときどき目が合うとニコッと笑う。これがまたとっても可愛い。何を話して良いのか分からなくなった。こんなこともあるのか? この年になってとまどう自分に驚いている。

手を強く握ると、強く握り返して、ニコッと笑う。米山さんと付き合うことにしてよかった。今は癒されるよりドキドキしている。女性を好きになるってこんなことだったのかと今さら思う。僕は恋をしている?

バスは出たばかりだった。前もって時刻表を調べておけばよかった。米山さんに言うと、お話しをしていれば時間はすぐに経つと言う。でも今は何を話していいかすぐに思いつかない。

「昨日は何をしていたのですか?」

「しばらく家を空けていたので、掃除して、食料と飲料を補充しておいた」

「あんなに整理整頓されて、とてもきれいなお部屋でしたけど」

「結構、ほこりが溜まっていた。これでもきれい好きなんだ。それに片付けておかないと、この前のようなことがまたあるとも限らないからね」

「私は片付けが苦手で、整理をしてもすぐに散らかってしまって、でもお掃除とお洗濯は好きです」

「昨日はどうしていたの」

「今日のデートのためにショッピングとヘアサロンに行ってきました。この衣装は昨日買ってきたものです。似合っていますか?」

「とっても似合っている。いつもの米山さんとはとても思えない」

「実は昨日の朝、野坂さんに電話して、先輩とデートすることになったと言って、先輩の好みを聞いたんです」

「ええ! そんなこと聞いたのか? それで野坂さんは何て言っていた?」

「女性ぽいセクシーなものより可愛い感じのものがいいと教えてくれました」

「それで、磯村さんは良い人だから絶対に離れてはだめと言われました」

「そうか、彼女は僕のことが良く分かっている。好みも」

「ほかには?」

「あなたなら大丈夫と言われました。でも付き合っていることはほかの人に話さない方が良いとも言われました」

「そうか、確かに付き合っていることは会社では秘密にしておいたほうが良いかもしれないね」

「そうします」

ようやく、バスが来たので、二人で乗り込む。先頭に並んでいたので2人で隣り合わせに座れた。バスは15分ほどで水族館に到着した。

0
  • しおりをはさむ
  • 2
  • 1
/ 47ページ
このページを編集する