地味子ちゃんと恋がしたい―そんなに可愛いなんて気付かなかった!

2.凛との偶然の再会

あれは7か月程前のことだった。週末に行われた同期会の2次会で、誰かの行きつけだと言って入ったスナック、それが『凛』だった。

表参道の細い道を少し入ったところにある古くて細長いビルの1階の入口に『凛』の照明がついた看板があった。古い木製のドアを開けると広くない室内で、カウンターに止まり木が6つとテーブル席が2か所あるごく普通のありふれたスナックだった。

誰かが歌っている。すでに4~5人の客がいてかなりうるさそうだ。ただ、こちらも2次会で皆少し酔っているので、気にならないし、この方がかえってしゃべりやすい。ここではもう気心の知れたものだけになっている。

皆は空いていたテーブル席に着いたが、どういう訳か僕だけがあぶれてしまって、止まり木の一番端に席を見つけて座った。

カウンターの中はママとおぼしき女性がひとりで切りまわしている。まだ若く、三十歳を少し過ぎた位かと思えた。

「ママ、皆に水割りを作って下さい!」

山内君が注文しているので、彼の行き付けだと分かった。ママはテーブル席で水割りを作ってくれている。

「もう一人、あぶれた止まり木の磯村君のも頼むよ」

「はい、分かっていますよ」

ママがカウンターの中へ戻ると、僕の方へ水割りを持ってきた。あっ! 見覚えのある顔だった。亜里沙! 髪がショートになっているが間違いない。

ママも同時に気が付いたみたいで、ジッと僕を見つめたまま動きを止めた。眼差しに憂いを見たような気がした。

ママは唇に人差し指を軽くあてた。それを見て僕はもう会ってはいけなかったと思い目を伏せた。

その間にママは何かを書いていたようだった。それから、何もなかったかのように名刺を差し出した。

「磯村さんとおっしゃるの、寺尾 凛です。お名刺をいただけますか?」

ママは名刺を差し出す時に裏を読んでと合図した。

「磯村 仁です」

こちらも名刺を差し出す。山内君はなじみだからもう会社名は分かっているはずだ。

「磯村さん、本名だったのね」

少し微笑んだかに見えたが、小声でそう言うと、すぐにカウンターの反対側へ行ってしまった。もう少し話したかった。名刺の裏には『皆さんと帰った後、戻ってきて下さい』と書かれていた。

彼女と初めて会ったのは6年前、ソープの客としてだった。源氏名は「亜里沙」と言った。遊び人として知られている取引会社の部長がどうしても付き合えというので付いていった。

ソープは初めてではなかった。その時が3度目だったと思う。1度目は上京して興味半分で出かけた。ただ、その時は女性経験もなく、あっという間に終わってこんなものなのかと思った。そこは高級なところではなかったので、その後、もう少し高級なところへ行ってみたが、同じようなもので感慨もなかった。

そこは部長の行きつけと言うだけあって高級ソープだった。店が選んでくれたが、その時の相手が彼女だった。細面でどこか憂いのある髪の長いスリムな娘で、テクニックは抜群だと思った。

美形で好みのタイプだったこともあって、一人で足を運ぶようになった。そのうちに違う娘とも浮気してみたりしたが、やはり彼女が抜群なのが分かった。

それからは、月1回位でずっと通っていた。独り身なのでお金にゆとりもあったけど、やはり女性がほしかったのだと思う。

2年ほど通っただろうか、店を変わることになったと言われた。そして新しい店の名を教えてくれた。行ってみると新しい店は前の店より少し格下の店だった。源氏名も変わっていた。

時間が短くなるが料金が安くなるので好都合とここも1年ばかり通った。このころになると携帯の番号を聞いていたので、出勤に合わせて予約を取ることができた。

それから、また店が変わった。今度はもっと格下の安い店だった。ここも1年ばかり通った。最後は突然店を辞めていて、携帯も解約されていたのでどこに行ったのか分からなくなっていた。

あれからも、月に1回ぐらいはどこかの店へ行っていた。三十歳を過ぎたとはいえ健康な男子なのだから女性が欲しくなるのは当たり前だ。

0
  • しおりをはさむ
  • 2
  • 1
/ 47ページ
このページを編集する