地味子ちゃんと恋がしたい―そんなに可愛いなんて気付かなかった!

18.イケメン新庄君の恋!

月曜日の昼休みに野坂さんから内線電話が入る。

「どうだったの? まさかすぐに手を出したんじゃないわよね」

「僕はジェントルマンだからそういうことは絶対にない」

「彼女は一途だから真面目に付き合わないとだめよ」

野坂さんは地味子ちゃんをもう自分の妹のように思っているようだ。それはそれで良いことだ。

「分かっている。言われるまでもないさ」

「あなたの性格だから思いつめているんじゃないの?」

「少しはね」

「まあ、うまくやって、口外はしないから。彼女にも言っておいたけど」

「聞いた。ありがとう」

「うまくいくことを期待しているわ」

野坂さんに言われて吹っ切れた。少しだけ、彼女には悪いことをしたと思っていたからだ。彼女と付き合っていなかったとは言い難いところはあった。

時々飲みに行っていたそれだけの関係だったけれど、ただ、僕がその気になって一押しすればその場の雰囲気次第では何かあったかもしれないような微妙な間柄だったと思う。

地味子ちゃんはそれを薄々感じとっていて、先手を打ったのかもしれない。いや、そこまで気が回らないだろうが、結果的には、結論が早く出た形になった。これは地味子ちゃんの作戦どおりなのかも知れない。

丁度、新庄君が席に戻ってきたのが見えた。近づいて小声で囁く。新庄君には内々に地味子ちゃんとのことを話しておいた方が良いと思っていた。

「新庄君、今週空いている日があったら一杯飲まないか?」

「良いですね、少し相談したいこともあるので、丁度良かったです」

「いつがいい?」

「水曜日と木曜日は空いています」

「じゃあ、水曜日の夜、7時に駅前の居酒屋でどうかな?」

「いつもの居酒屋ですね。じゃあ7時に」

◆◆◆
水曜日は仕事が早く片付いたので7時前には居酒屋に着いた。後でもう一人来るからと言って、奥のテーブル席で待つことにした。まず、瓶ビールと焼き鳥を注文した。今日は前回の失敗に懲りて、お酒はビール、肴は火の通ったものに決めている。丁度7時に新庄君が店に現れた。

「磯村さん、早いですね」

「仕事が意外と早く片付いたから、先にやっていた。飲み物は?」

「僕も瓶ビールで、つまみはやはり焼き鳥」

「マネするなよ」

「磯村さんのように急性腸炎にならないように気を付けたいので」

「そうだ、確かあの時の一次会はここだったから、気を付けるに越したことはない」

「まずは一杯。相談したいことって何? でも、こちらから質問がある。あれから米山さんとどうなった?」

「二人にされて、場所を変えて話をしました」

「それでどうだった」

「それで、米山さんからずっと好きだったから付き合ってほしいと言われました」

「それで?」

「断りました」

「彼女は可愛く変身していて素敵だったけど、どうして断った」

「実は僕には好きな人がいるんです!」

「ええ、そうなの。誰? 会社の人?」

「今日の相談と言うのはそのことなんですが」

「付き合っている人についての相談か?」

「付き合っていません。片思いです」

「へー君も片思いか! いったい誰だい?」

「その前に、聞いておきたいことがあるんですが?」

「磯村さんと野坂先輩とはどういう関係ですか?」

「どういう関係と言われても、同期の仲間だけど、少なくとも男女の関係にはないね」

「そうですか」

「ひょっとして、お前」

「そうです。野坂先輩です」

「お前! どうして野坂さんが好きなんだ?」

「大学時代からの憬れの人なんです」

「3年も先輩だろう」

「サークルが同じでした。僕が1年の時に4年生で、なんて素敵な人だろうと思いました」

0
  • しおりをはさむ
  • 2
  • 1
/ 47ページ
このページを編集する