テンゴクノウタvol.2・下 ※巻末おまけマンガつき!【完】

恋心天国! /ボルドー

「スッゴい!美味しい♪

何このクチ溶け感!!」


午後の陽射しが差し込む明るい店内で

アタシは

ふあふあチーズケーキに感動してた


「ね?やっぱ来てヨかったでしょ?」

ミルコがニッコリ笑う

ずいぶんキュートな可愛い笑顔


それでガラス窓の外を歩いてた

通りすがりの女のコたちが

立ち止まって‥こっち見てきたりする


「ねぇ‥ミルコさぁ

確かにケーキは美味しいけど‥

ヒトリ歩きつまんないとか言うなら

声かけたりしたっていーんじゃないの?

悪い気しないと思うけど?

相手だって‥」


言ったらミルコは

軽い笑顔を窓の外の集団に向けながら‥


「まぁそーだけど

そーゆーのはスルのもされるのも

キライなんですよね

初対面のヒトと話すなんて

やっぱ気使うじゃないですか?」

  • しおりをはさむ
  • 32
  • 1872
/ 302ページ
このページを編集する