テンゴクノウタvol.2・下 ※巻末おまけマンガつき!【完】

恋心天国! /アイスブルー

「お疲れ~♪

けっこう上手くやってたじゃない!」

撮影を終えてヌケガラ状態で

床に座り込んでるアタシに

‥センパイが声をかけてきた


「‥ドコがですか?

何一つ上手くいってた気が

しないんですけど‥」


次々と飛び込んでくる注文に

頭も体もついてかなくて


撮影中ずっと人形みたいにして

アイツにカラダ預けてるしかなかった


「そーかな?

でもあんま緊張してなかったでしょ?」

「きんちょーしまくりでしたけどっ!」


「え?そーなの?そのワリにはフタリとも

自然な感じに見えたけどなぁ‥」

「‥き‥気のせいですよ‥」


  • しおりをはさむ
  • 32
  • 1872
/ 302ページ
このページを編集する