私は君を愛しすぎていた。

うる
恋愛 5ページ(連載中) 2989字 更新日 2016/09/08 読者 22人 公開 0 0



前にも見た。
この景色。あなたの笑顔。そして涙。

私は、こうなることを、知っていた?




「それってデジャヴだよ。」



「デジャヴ?」




高校生になって沢山の涙を流した。

あなたを想って流れた涙。

全部初めてのはずなのに、
前に何度も経験しているような気がした。




「なんで、何度も経験してるような気がするのに
…好きになっちゃうんだろう。」





辛くても、苦しくても、悲しくても





私は何度でも



あなたに出逢って、恋に落ちて、愛を知る。



  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 0
このページを編集する