*紅の罪・黒の罰*

一花
純文学・シリアス 19ページ(完結) 7313字 更新日 2006/07/03 読者 534人 公開 0 0

この忌々しい血め。

なんでこんな液体に

人間のあたしが振り回されるの…??







神様は意地悪です。
私は貴方に何をしたと言うのです?







なぜ感情を作ったのですか??

一生、私に苦しめとでも仰りたいのですか?







禁断と呼ばれる恋に私は捕えられ

こんな苦しいのに
切ないのに

逃げられない。








狂おしいほど愛しい貴方…






半分血が混じりあってる
弟よ…






  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1
  • 0
このページを編集する