彼氏に言われてマジギレた言葉集【完】

★ピクニック


首都圏あるある。



電車5分待ちは長い。←



私レベルになると、
もう、3分待ちでさえ長く感じますね。






高校時代、

K坊から突然の電話で



「ピナリ!ピクニックしよーぜ!」



と誘われたピナリ。



ピクニック、何とも楽しそうな響きですよね。



そんな素敵なお誘いに、

心躍らずにはいられないピナリ。



ふたつ返事でOKしました。



ピナ「何持って行く?」

K坊「ピナリ弁当つくれる?」

ピナ「弁当!!?」



えーっと、えーっと、

と、家の冷蔵庫を探るピナリ。



ピナ「冷凍タコ焼きなら山ほどあるけど…」

K坊「それでいいよ。じゃ、駅で待っとるけん、早くね」

ピナ「分かった!急いで行く!」



ピクニック♪
ピクニック♪



ピナリ、もうウキウキ小躍りしながら、チンした冷凍タコ焼きを山ほどタッパーに詰めて、



後は、飲み物と、一応レジャーシートと……



ピクニックに必要と思ったもの全てをリュックに詰めて、

一緒にドキドキ☆ワクワクも全てリュックに詰め込んで←



チャリンコすっ飛ばし、K坊等の待つ駅へと向かいました。






そして、



ピナリが駅に到着するや否や、



「遅せーやん!!」



待ってましたとばかりにピナリの荷物を奪い取る猛者ども(←ん?)



その勢いたるやまるで追い剥ぎです。



そしてなんとK坊等、



ピクニックはどこへやら、

その場でタコ焼きを広げて貪り食いだした!



ピナ「ちょ、えっ!?ピクニックは!?」






K坊「は?そんな面倒臭いこと誰がすっかやん」






高校生男子、

ただお腹が空いてただけでした。

0
  • しおりをはさむ
  • 365
  • 3
/ 369ページ
このページを編集する