彼氏に言われてマジギレた言葉集【完】

天然男子・K坊

 
私の幼馴染M(※「幼馴染Mが涙したマジ熱い話」参照)の家なのですが、

ちょっと変わった造りというか、



まあ、端的に説明すると、



この家には階段が二つあって、

Mの部屋に続く階段は、他の家族の部屋に続く階段とは別の階段なので、

家族の中で、Mの部屋だけが独立した場所にあるんです。



そういった部屋を思春期の子供が持つと、どういう現象が起きてしまうかと言いますと…



→少年少女の溜まり場になる。

(お父さんお母さんごめんなさい、雪とMは悪い子でした)



夜にM宅を訪問する際、

私たち女子は普通に玄関からお邪魔しますするのですが、



男子は外から木や庇をつたって、窓から直で部屋に入ります。(出る時は同様に窓から外へ飛び降りる)



そんな風にして、みんなでM宅にお泊まりすることも珍しくありませんでした。



そんなある一夜の出来事→






いつものように夜遅くまで遊んでいた私たちは、みんなでM宅に泊まることにしました。



床に敷布団をいくつか敷いて雑魚寝です。



この時、私、A、ピナリ、K坊(ビビリ4名)なんかはいつも、誰が端っこに寝るかで喧嘩になります。

(↑端っこは怖いから人に挟まれて寝たい)



ちなみにK治は、自分の家でもないくせにベッドを占領します。

(↑K坊は淋しがりだから私たちと一緒。笑)



そしてその日は、ピナリが無理矢理端っこに追いやられ(笑)



ピナ・K坊・私・他数名(忘れた)

の順番に並んで寝ることになりました。






照明の明かりも消して、

さあ、みんな眠りに落ちようかという頃……






K坊「ピナ」

ピナ「……」



K坊「ピナ」

ピナ「なん?」



K坊「起きとるなら返事しろや!」

ピナ「痛い!」←



どうやらピナリ、暗闇の中でK坊から肩パンでも喰らったようです。

0
  • しおりをはさむ
  • 365
  • 3
/ 369ページ
このページを編集する