神のスイッチ3【砂の王国・ゴールド】

砂の王国 /ドーガンとその息子

父親はいつも
『誰の為でもない、家族の為に生きろ』
と口癖のように言っていた。
ニトロとか、仲間とか、友達とか、他に色々いるだろうに、父親であるドーガンは常に家族を第一に考える人だった。
国に仕え、国を守る立場の人間がそんな事を言うのはあまりいただけないかもしれないが、僕にとって父親は、家族思いの『いいお父さん』である。
厳しくも優しい、ごくごく普通の『お父さん』
母親と仲が良くて、世間からはオシドリ夫婦として評判だった。

そんな父親が、ある日メビウスに拉致された。

0
  • しおりをはさむ
  • 2
  • 69
/ 118ページ
このページを編集する