攫われ王子と救いのメイド

星乃こよ
SF・ファンタジー 8ページ(連載中) 2736字 更新日 2019/04/25 読者 545人 公開 0 0





"姫は頂いた。姫を返してほしければ……"



何者かに攫われた主の部屋に落ちていた紙切れ。

城中が混乱の中、まるでお伽噺話のように立ち上がったのは、
剣を掲げた勇敢な騎士?


ーーーいいえ、助けに行くのは騎士じゃない。




だって、攫われたのは王子です。




姫と間違われて攫われた王子を助けるべく立ち上がったのは、


ある一人のメイド




剣の代わりに
モップを掲げ。
盾の代わりに
お盆を構えて。

袖に
はたきを隠し持ち、
着なれた
メイド服を身に付けて。




時に敵にタワシをぶつけ。
時に
バケツで頭を守り。

白手袋の代わりに
ゴム手袋を投げつけて。



e0252fd27f7f4f05%2Fb68deb2a020f-M.png




いざ、王子を助けに参ります。


  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1
  • 443
このページを編集する