星桜

白銀
SF・ファンタジー 237ページ(完結) 72536字 更新日 2013/07/11 読者 2095人 公開 0 0


まだ京が出来て間もない頃



陰陽師達の間である噂が流れていた




「都から少し外れにある池には


天の川を切り取ったような白銀の髪を持つ女神がいる」





誰がそんな噂を流したのか知らないが

それは真実かはたまたただの噂なのか…


しかし、それを追求するものはいなかった




ただ一人を除いては






和物です楽しんで貰えたら幸栄です



  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 5
  • 0
このページを編集する