総長になりたくない【完】






「紫乃、照れてんのか?可愛いな」


「て、照れてなんか…バカ…」



エンジと紫乃ちゃんは二人だけの世界にお旅立ちになった。



あたしは上半身裸で虚しく佇む。






コンコンと扉がノックされ、葉月の声がする。







「彩葉ちゃん、氷雄さんがロウソク持って探してるよ」







その言葉にあたしはさめざめと泣いた。




ーー総長の姫になんかなるもんじゃない。









総長になりたくない
【完】



0
  • しおりをはさむ
  • 204
  • 3411
/ 73ページ
このページを編集する