【完結】Love forever-あなたと過ごした三年間-

3章 /怒り

二学期に入り

葵との同棲に慣れてしばらくたった11月

たまたま橘のたまり場に用事があり

今の橘の総長と話をするためカフェに居る時だった

二階にあるこのカフェからふと葵の姿を見つける

「用事がある」と言って早くに家を出た葵

その近くには知らぬ男がいる

その男とかなり距離が近い気がする

しばらく見ているとお店に入っていく

さすがに店の中までは見えない

「龍さん?どうしました?」

「なんでもない

話を続けよう」

0
  • しおりをはさむ
  • 17
  • 448
/ 434ページ
このページを編集する