【完結】Love forever-あなたと過ごした三年間-

1章 /屋上


次の日、またあの女がいると思って



朝一で1人屋上に向かった



ドアを開けると鳴き声がして



声のする方に行くと、女が泣いていた


「なんで泣いてんだ」


女はこっちを向くとなんでもない


と言って立ち上がった


「なんでもなくないだろ!」



そう言って目を合わせる


一瞬ドキッとした






0
  • しおりをはさむ
  • 17
  • 432
/ 434ページ
このページを編集する