波涛(はとう)の月

美ら海燃ゆる /第7話 葛藤

沖縄を守備する師団は台湾方面に進攻しきたアメリカ軍に対抗するため戦力を割き台湾に援軍を派遣する命令が大本営から下った。


だが末端の兵士や軍属までそんな情報は厳しい情報統制の時代に伝わるはずなどなかった。


末端の兵士や軍属も一般の国民と同様に神州不滅の思想を権力により強要され、自己の勤めに励んでいた。


幸は軍属の看護婦として爆撃が日増しに激しくなるなか臨時の救護所で勤務がここ数日つづいていた。

0
  • しおりをはさむ
  • 19
  • 6
/ 212ページ
このページを編集する