100万ドルのロマンスー恋を忘れていませんか?ー

第2章 真実のロマンス /エピローグ

もし、運命の恋というものがあるのならば、それは自分が追い求める恋ではない。


運命の赤い糸で結ばれる真実の恋は、運命によって自然と引寄せられる。


運命の出会いという宝物のは意外と私たちの日常の中に隠れているものかもしれない。


「100万ドルのロマンス」という宝物はどこにあるのだろうか?


だから私たちは宝物を探すために、恋をすると私は思っています。

読者の皆様に100万ドルのロマンスがおとずれますように!


ー 風間(大西)彩矢 ー

  • しおりをはさむ
  • 31
  • 6
/ 76ページ
このページを編集する