ブルーエッグ3 ー不妊治療編 ー

ブルーエッグ3 /第18話 なすがままに


絵里は下腹部の鈍痛が持続するのが、気になっていた。

(これは妊娠の証か)

と都合よく解釈していた、牧坂の定期受診の時にその夢は完全に打ち砕かれた。


「絵里ちゃん、子宮筋腫があるみたいだね。」
超音波検査を実施しながら牧坂がいった。

「じゃ、この痛みは子宮筋腫が原因ですか?」

「この場所やこの状態だとその可能性は低いね。女性の2~3割近くに認められる筋腫だから今回のケースもそうだとおおもうよ。経過観察でいきましょう」


「先生、まさかさらねる不妊の原因にも・・・・」


「絵里ちゃん、またネガティブ思考になるんだから、メンタル面の安定も妊娠の重要な要素なのは知っているでしょ。」

理屈では理解できても子宮内膜症・チョコ・卵巣機能低下・卵管癒着という持病を持つ絵里にとっては複雑な心境であった。

「」

  • しおりをはさむ
  • 4
  • 6
/ 193ページ
このページを編集する