ブルーエッグ3 ー不妊治療編 ー

ブルーエッグ3 /第7話 出産したい

絵里の更衣室は集中治療室にある。
夜勤のために絵里が部屋のドアを開けようとした時だった。

「絵里ちゃん」
後ろから呼ぶ声に振り向いた。

「あれ、元香ちゃんじゃないのどうしたの?」
バレーボール仲間で共に中学時代はバレーボール部に所属していた同級生で親友の元香と場違いな場所で声をかけられ絵里はビックリした。
「私の後輩が体調を崩して救急外来に連れてきたら、そのまま入院になったの」

「元香ちゃん、そのかたのご家族は来るの?」


「いま向かっているよ」


「そうなんだ。家族がきたら先生から説明があるから待っていてね」


「うん、絵里ちゃん、若菜をよろしくね」

「うん。じゃあね」

  • しおりをはさむ
  • 4
  • 6
/ 193ページ
このページを編集する