心の傷

第1章 心の傷 /第1話 堕天使降臨

私は親切でやさしい両親や祖父母と兄と弟に挟まれた長女として
生まれました。

小さい時から兄の後ばかりついて遊びまわり、自分はオトコだと思っていました。

小さい時に自分がオンナであることを認めたくなく、大泣きして
両親を困らせたことも何度もあります。

小さい時から遊ぶ相手は男子ばかりで、ママ事や人形遊びは大嫌いでした。

そんなこともあり、同性には幼い時から嫌われた存在でした。

兄や男友達にあり、私はないものを生きる上で感じるたびに
私が母の体内に忘れてきたものを取りにいきたくなりました。

今度、生まれ変わるならば絶対に男だといつも願っていました。

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 6
/ 19ページ
このページを編集する