言葉-上-



何を話すでもなく ぼんやりと下の人ごみを見ていると



ユウヤさんの携帯が鳴る


「・・・・いや、後で行く」





まだ当分続きそうな人ごみ



「一人で帰れますよ」


見上げるユウヤさんは やはり背が高い



「いや・・送る」




その一言が欲しいから もう一度言ったのかもしれない



0
  • しおりをはさむ
  • 339
  • 1321
/ 293ページ
このページを編集する