言葉-上-

上 /九つ



「リンちゃーん?・・・・」

「リン?」






あ、と意識を今 に戻したときは既に怪訝そうな二人の顔がアップになっていた





「ちょっとぼんやりしていて」





「あ、あたし お手洗い借りるね!」


バタバタとメイが廊下を歩き、扉を閉める音と同時に




「・・・悪かったな。痛かったか?」




そう聞いてきた雅人兄さんに いえ、と答えた
本当のところ、痛いのには変わりないけれどそれよりも聞きたいことがあった





「ユウヤさんに何を言われたんです?」



0
  • しおりをはさむ
  • 339
  • 1318
/ 293ページ
このページを編集する