言葉-上-

上 /四つ



翌日 快晴のもと たっぷりと花に、あとはまだ芽の出ていないプランターに水をやってから 家を出た







「リンー!」

小さなメイがちょこちょこと学校の北側から走ってきた


可愛い
・・・・小動物みたい


ププと笑いそうになるけれど、それを言うときっとメイが怒り出すので 何も言わない


「おはよう」




一緒に校舎へと向かう



・・・・ふと メイのほうを見た
言おうかな、と思った。けれど あれがメイの言う“鏑木”さんかどうかわからない。たぶん十中八九そうだと確信しているけれど。



確かめられたら、メイに話そうと、心に決めて上履きを履き替えた足で教室へと向かった


0
  • しおりをはさむ
  • 341
  • 1327
/ 293ページ
このページを編集する