天才従兄の手に取る紐の先は

撫子
恋愛 20ページ(連載中) 5802字 更新日 2017/07/11 読者 1386人 公開 0 0

「ハナは本当にバカだね」




そう言って私を馬鹿にするのは、



私の従兄の藤波 透




「馬鹿じゃないし!!」




それに反論する私の名前は、



藤波 花





「え?馬鹿でしょ?馬鹿」


「だから心配。ずっと鎖で繋いでやろうか」



中身はただの狂気






「ん?俺以外の彼氏ができたら?‥‥決まってんじゃん。俺しか好きにならないように躾けてやるよ」





私、ヤバくね?

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 5
  • 1
このページを編集する