カワイイ子猫のつくり方【完】

朝霧くんの観察日記2

…夢を見ていた。


先程から、夢だという自覚が何故だか自分の中にあった。




「アイツ…何処へ行ったんだ?」


ずっと、薄暗い一本道をひたすらに歩き続けている。

此処が何処であるとか、そんなことは何も気にはならず、ただ探していた。


…そう、あの小さな子猫を。



またカラスに襲われたりしていないか。

ふと、そんな心配が頭をよぎるが、周囲にカラスなどの気配は何もなく、しん…と静まり返っている。

だが、それさえも特別気にはならない。

それでも、この先に子猫がいることが分かっているかのように、足を止めることなく前へと運び続ける。

「アイツの行動は読めないからな…」

思わぬ所から今にも飛び出して来そうだ。



俺は自分でも動物好きだという自覚はある。

だから素直に子猫を可愛いと思っているし、成り行きとはいえ飼うことになったのを後悔なんかしていない。

むしろ動物を飼うということそのものが懐かしく、少し嬉しかったぐらいだ。


だが、見た目は可愛いふわふわの小さな子猫だが、アイツはどこか変わっている。

俺の中では、ヘンな猫だという認識は消えずにいた。


とても感情が表に出やすく表情が豊か。


猫だって生き物だ。

どんな奴にだって性格はあるし、その時々で態度や表情を見せるのが普通だ。

だが、あの子猫は『何か』が違うと感じていた。

0
  • しおりをはさむ
  • 836
  • 76
/ 219ページ
このページを編集する