ペチュニアの恋文【完】

龍野ゆうき
恋愛 55ページ(完結) 31858字 更新日 2018/02/22 読者 2352人 公開 0 0

「オレが大きくなったら、きっとハルカをおよめさんにするよ」


いつも一緒に遊んでいた男の子からの思わぬ言葉。

小さな頃から『お嫁さん』に憧れを抱いていた私は、ただ純粋に嬉しかったのを覚えている。


でも、ある日…彼は遠くの町へと引っ越すことになった。


もう会えなくなるのだという悲しみに泣くことしか出来なかった私に、彼は言った。


「きっと帰ってくるよ。ハルカが16才になる誕生日にここで会おう」


そんな淡い約束をして別れたのは、もう7年も前のこと。



そんな幼い頃の約束を全て信じている訳ではないけれど。

もうすぐ約束の16歳の誕生日がやってくる。






☆★☆★☆★☆

『イイね』や『ファン』登録いただいた皆さま
本当にありがとうございます!
無事完結致しましたv


覗いていただいた皆さま、
しおりを付けていただいた皆さまにも
感謝・感謝です!!



※この作品は他サイトでも重複投稿しています。


  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
  • 29
  • 76
このページを編集する