ヴァンパイアの花嫁 【完】

初夜///






気が付くと



私はベッドの上で倒れるようにして眠っていた





「目が覚めたか?」





心配そうな彼の声にソッと瞳を開ける





頬に触れる、その手が気持ちよくて、私は手に触れると




――ペロリと舐めた





あれ?





私・・・なんてことしてんだろ



彼の手を咄嗟に噛もうとするなんて





0
  • しおりをはさむ
  • 829
  • 9464
/ 316ページ
このページを編集する