ヴァンパイアの花嫁 【完】

監禁



「あぁっ・・お願い・・もう・・やめて」




こんな声を・・出すなんて初めてだった



そんな恥ずかしさに・・そして



まるで自分じゃないみたいで手で口を覆う




しかし・・


「聞かせろよ、お前の声」



「いやぁっ・・」



「ほらっ、もっと喘げよ」



顔を寄せ、意地悪く囁く彼




吐息が頬に伝わった




0
  • しおりをはさむ
  • 837
  • 9710
/ 316ページ
このページを編集する