BOX

1






意識がスゥ…と浮き上がっていく。
それはまるで、体に魂が入り込んでいくような感覚。




瞼裏越しに、赤い世界が広がっている。
私は今、瞼を閉じているんだ…。



ゆっくりとその重たい瞼をあげてみた。



瞬間、白い光が差し込んできて、眩しくて思わず目を細める。


だんだん、電気が丸い形であること、天井は白いことが理解できた。



でも私はまだ意識が朦朧としていて、しばらくボーッと天井を見つめる。



私、寝る前、何してたんだっけ…。


ゆっくり思い越してみても、全然思い出せない。
この天井も見慣れないものな、気がする。


ズキン、と。
頭に痛みが走り思わず顔をしかめた。



ダメだ、頭も体も怠くて、何も、考えたくないなぁ…。




0
  • しおりをはさむ
  • 567
  • 114
/ 466ページ
このページを編集する